月別アーカイブ: 2014年11月

70年前の訪問着の朱赤のドレス・・・・日本の赤の力


 

こんにちは! 福岡発 博多織 オーダー ウェディングドレス&フォーマル・カクテル・アフタヌーン・ゲストドレス 着物リメイクドレスの

grace-lily    sweet-lily  オーダーメイド職人の ムシムシみやび です。

 

IMG_4666e朝子

朝子4朝子5

先週たった2日だけ展示させていただいたのに、展示したあとも好評の着物ドレス。

ピアニストのA様のための着物のリメイクドレスです。

ピアノのペダルを踏む角度、鍵盤のための手の動き、演奏が終わってからのご挨拶の角度、、、、

様々な動きを考えたデザインと裁断とパターンからこのデザインになりました。

 

70年くらい前に、お祖母様が御姉妹で着られた朱赤の訪問着、其のあとお母様が着られ・・・そして今度はA様に・・・・でも、A様は身長が160cmちょとのすらっとした美人。この朱赤が絶対に似合われるのに、裄も丈の合わない。それでピアニストのA様のためにお母様の発案でドレスにリメイクが決定。お祖母様、お母様、A様のお三人でご来店いただき、デザインを決めました。

年代もので、金糸や銀糸の刺繍もあり洗い張りには数か月かかりましたが・・・出来上がったドレスの朱赤は肌の白くていらっしゃるA様にはとても映え・・・小菊総刺繍の丸帯がセットだったのですが、丸帯がなくてもこの迫力!

フェイスブックやインスタグラムでも沢山いいね!をいただきましたが・・・やはりこの着物自体の迫力が凄い!

着物のドレスをオーダーいただくたびにおもうのですが・・・日本人は凄い!昔の人は凄い!

なんとかして・・・日本人の物作りが残るようにしなくては・・・・と、思います。

ドレスを縫う洋裁師もですが、あらゆる分野で職人が減ってきています。

なんとかならないかな~~~~!!

 

と・・・・ぼやくのは置いといて(^^)何はともあれこの着物はまだドレスとして何十年かはきっと活躍してくれるでしょうね!!!A様がどんな曲をこのドレスを着て弾かれるのか?楽しみがまた一つできました。