月別アーカイブ: 2013年1月

古い帯捨ててませんか?・・・その2博多帯


こんにちは!博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです。

 

今週に入ってから空が青い!

飛行機雲もスーット伸びて・・・・気持ちのいい空。

夜は夜で・・・・凄く綺麗な満月。青っぽい煌々とした月!

寒くっても、空を見上げるのが楽しみ。

 

年末からお預かりしていた~昭和の初期の頃の博多献上帯。

お婆様の形見分けで、お嫁様とお嬢様の4人で分けられる由。

お気に入りの帯だったようで、かなりシミがあったので~綺麗なところだけ使ってつくりました。

博多献上柄はモダンです。

これはバックインバック!カワイイ!

ちょっと大きめの信玄袋は書類入れにGood!

裏地にも、古い羽織の裏や古い道行コートの布を使いました。

 

最近では、ほとんど見ない献上帯・・・でも、どの家にも必ず一本くらいはあるものです~捨てられないな!と・・・思います。

 

このドレス!博多献上柄!・・あら?献上柄もモダンだわね!って今日言われました。

古い柄ですが・・・モダンに使えばモダンでしょ?(^^)

 

 


プレゼントの手織りの紬で作ったステージ衣装!


こんにちは!博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです。

 

春が待ち遠しい・・・花いっぱいの春が待ち遠しい!

そんな毎日ですね~。

表通りを歩く人達の衣装はダウンの黒っぽいのばっかり・・・(–)

少し綺麗な色のセーターやジャケット・・・恋しいな!

 

来月初めにある「第30回日本ショパン協会 九州支部例会」のジョイントリサイタルにご出演のA先生~一昨年の東日本大震災以後、体調をくずされ復帰される一回目のコンサートに、お弟子さんが「先生!頑張って下さい!」と、手織りの草木染の紬の反物をプレゼントされました。その心のこもった手織りの反物で創ったのがこのドレスです。

紬の風合いを生かして・・・ティアードドレス!

(ただ”段々”のスカートに見えるかもしれませんが、平面のパリパリの手織りの紬を体に馴染むように”段々”にするのは結構パターンが難しいのです(^^))

ポイントのコサージは手縫いであえてアイロンは使わず優しく。

アンティークビーズと黒のシルクタフタを使いました。

いろいろの色の糸で自然な色を生かして織られた手織り・・・・。

「先生頑張って!」と言う声が聞こえてきそう~。

 

生き生きと、ラヴェルを弾かれるA先生が目に浮かびます。

 

 


古い帯~捨ててませんか?


こんにちは!博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです。

 

今日はいいお天気!・・・・冬空が少しだけ・・・春。

去年の暮れに出来上がったバッグ3点&ランチョンマット!

 

横長のトートバック(紐は皮ひも)&縦長のトートバック・・・。

これは、92歳で亡くなられたお婆様の形見の帯で作りました。

いつも着物でちゃっちゃっと動いてらした元気なお婆様の帯。

亡くなられた時には、箪笥に大切な帯が何本も・・・。お子さんもお孫様も締めれそうにないものばかり・・・捨てるしかない?ちょっとまって・・・相談してみるから・・と、お持ちになった帯3本。

その中の一本の帯で横長のバックが1個と縦長が2個ランチョンマットが4枚できました。

お孫様のM様が、孫とひ孫で分けたいので何かつくれますか?とのご相談でした。他の二本からはポシェット1個ショルダー一個クラッチバック1個 通帳ケース1個が出来ました。

お婆様の思い出をそれぞれ形に残して・・・・考え作った私達もなんだか胸が熱くなる思い・・・「よかった」と、言う思い。

捨てられる寸前だった用無しの帯がまた、使っていただけそうです。

 ただ・・・捨ててませんか?大切な思い出!

 


絹織物のヘッドドレス!!・・・新春に☆


こんにちは!博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです。

 

明けましておめでとうございます。

2013年・・・今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

仕事始めの日・・・今春のウェディングドレスのS様の中仮縫いがありました。

柄は・・・「清香桜」(一昨年に出来たオリジナルの柄) シルエットはクラッシックなボールガウンタイプ(ふっくらしたボールガウンタイプは博多織ウェディングドレスで一番人気です) ウェストはナチュラルでお袖はキャップスリーブ・・・。ご結婚がお決まりになる何年も前から~「衣装は博多織で!」と、思っていらして下さったそうで~デザインはすぐに決まりました。~二回のトワレ(木綿の別布)での仮縫いの後、年明けの5日が本布での最終仮縫いになりました。

 博多織のウェディングドレスの共布で創った花を沢山髪にさしてヘッドドレスに!・・・・ドレスと同じ布ですから~全身博多織=絹を纏う!・・・そんな感じになりました。

 

 御式は3月ですが、今月末には完成予定です。

 まだ、最終の仮縫いとはいえ・・・あまりに綺麗なS様にデザイナーKazuhiroYamashitaと、私は写真の取り合い!

「こちらから撮りますよ~!!」「あ!もう一度!」「少しだけ下向いて~!」・・と、大変でした。

 

 S様!もうすぐドレスは仕上がります。(^^)

 お楽しみに!!