月別アーカイブ: 2011年9月

燐と大人のドレスです!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

喜寿のお祝いパーティーのドレスです。

沢山の方々がお祝いに見えた素敵なパーティーでした。

主賓は古希!燐と古希!~素敵な古希!

真っ赤な博多織カクテルドレスはお客様にも会場のスタッフにも大好評でした。もちろん オーダーいただいた御本人にもそしてご家族にも・・・(^。^)

「母にぴったりのドレスを創っていただいて~こんなに母が綺麗で・・・ありがとうございます。

嬉しいお言葉です。

御揃いでパーティーバック&ヘッドドレスも創りました。

これも世界に一つ!オリジナル!

奇をてらわず燐とシンプルで品が良く!

全ての方から喜ばれた博多織カクテル・・・本物の大人のドレスです。

 

日本の博多の絹織物・・・博多織&日本の絹のオーガンジー(ストール)   色をぴったり合わせました。   

 


ずっとショーウィンドウを見てました!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

「憧れのドレスでした。」

「最初のデートでお店の話をしたんです」

「ずっと・・・ショーウィンドウを見てました」

「わ~ぴったり!」と手をたたいて喜んでくださったM様!!

まだ本生地ではないトワレの木綿での型出しなのに~凄く嬉しそう(^-^)・・・こちらの方もあんまりお似合いなんで嬉~!!

お母様の妹様方も「うわ~やっぱりオーダーは違うね~!!背中もぴったりよ!」(そ~なんです!ドレスは背中が大切!)

 

M様 子供の頃からお洋服・ドレスにとってもうるさかったそう~お洋服が大好きなお子様だったそうです。

今回 御式が決まられて・・・「絶対ウェディングドレスは創りたい!」と、ご注文いただきました。

博多織&日本製のドレス生地のコラボレーションのデザインになります。

 今日は一回目の仮縫いでした。

 トワレでこんなに喜んでいただいたので~次回本生地がまた楽しみです~(^。^)


自分らしい・・・他に無い花嫁衣裳!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

神社で白無垢の挙式・・・その後で身内でのお食事会。

自分だけの花嫁ドレスの注文!・・・・伝統の絹でシンプルで自分らしく・・・・H子様のドレスはお会いしてすぐにイメージも決まり昨日納品になりました。

花婿様の第一声「とても良いと思います!」大きな声・・・!

シンプルだけど・・・きっと他には無い絹の織柄のドレスです。

御揃いで少しだけ色を変えたストールもスカートと微妙に丈を変えて創りました・・・・座ると胸から下を覆います。

肌の色にぴったり合った博多織のドレス・・・絹の色がほとんどお化粧をされないH子様の肌をさらに美しく輝かせて・・・。

花婿様も「うん・・・いい!いい!」

 

お母様に頂かれたパールのネックレスにぴったり合わせた襟ぐりも~H子様の笑顔をさらに美しく・・・・。

 

なんだか心が温かくなる納品でした。

「御幸せに!H子様!」


母から子へ、子から孫へ・・・伝わる絆と文化


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

博多織のドレスで創った 赤ちゃんのお宮参りのドレス・・・。

母が嫁ぐときに纏ったウェディングドレスでリメイク・・・・。一番の贅沢かもしれません。

 

3月11日から半年・・・・。

あの日の未曾有うの恐ろしい出来事は もう言葉や文字では表せない・・・・世界中の人の心に残ったと思います。

こんな時代に煌びやかな物を作る事が果たしていいことなんだろうか・・などと自問自答の仕事の日々・・・。

だけど・・・あの日を境に益々思うことは「愛」の大切さ「愛という絆」・・と、自分は地球一部に過ぎない・・と、言う事。

昨日、映像で震災の傷の後に多い茂る夏草を見ました。

種はどこから来たんだろう・・と、思います。震災のあとすぐに咲いていた水仙の花・・・そして泥沼や瓦礫の中からも生え出していた雑草達。

 

 今から~何を伝えていけるのか・・・。

 女は子を産み・・・子に何が伝えられるのか・・・何を残せるのか・・・。私は仕事でなにを伝えられるのか・・・。

もう一度、原点に戻って始めよう!

 今 大震災のあった日本で残してもらった命・・・この命で伝えられる事・・・伝えられる「愛」。

 

 3月11日から半年。

 亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。