月別アーカイブ: 2011年6月

お寺で結婚式!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

スコールのような大雨の後・・・・梅雨の晴れ間。

緑が夏に向けて もりもり元気に育つ季節。 雨の恵みを得て木々は活き活きとしています。

 

先日、梅雨の晴れ間に近くのお寺「伝照寺」様で 若住職&若坊守の入籍お披露目の撮影がありました。

 まだ、坊守修行中のM様の為に、本番の披露宴は来年ですが・・・今回、ミニ結婚式をされました。

本堂に緋毛氈を引いて・・・ご本尊様の前で仲むつまじいお二人・・・。

若住職の袈裟と若坊守の博多織ドレス・・・素敵です。

お化粧もほとんどされてない若坊守のM様・・・博多織のドレスに包まれて若若しく可憐!ただでさえ熱々なお二人ですが、M様を見つめられる若住職の瞳もきらきらです。

 華美すぎない清楚なウェディングドレスはお寺に映るんだと再認識でした。

 それから~境内へ・・・。

 梅雨の晴れ間。

 緑いっぱいの中 笑い声に誘われて 近所の人が沢山集まる!集まる!

 

 

760年前 博多の港から宋の国へ修行に渡られたお坊様がお経典とともに沢山の宝物を持ち帰られた物の一つの博多織・・・・。現代で また新しいドレス生地として生まれ変わり 今日博多のお寺の若い坊守様が花嫁衣裳として着てくださった・・・

凄く嬉しい一日でした。

 

お寺での 結婚式! 御祖先に守られて・・・素敵だな!素晴らしい!と、思います。

 


希望の織物「清香さくら」のウェディングドレス!・・・梅雨の晴れ間にデビュー!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

大雨をその時間だけ払いのけてしまった・・・。  博多織のウェディングドレスの日は雨が降らない・・・というジンクス通り。  前日は大雨・・・翌日も大雨 ・・・・その時だけが大雨前線が南下? (^。^)

 東日本大震災の日に あきらめかけていた新しい博多織のドレス生地は~先日、新しい博多織のウェディングドレス「清香さくら」として幸せな花嫁様に着ていただけました。

花婿様&ご親族様のネクタイ~ご親族様のコサージュも「清香桜」で手作りさせていただきました。

素晴らしいドレスの輝き・・・・。

重厚に見えるドレスはとても軽いので介添えスタッフの必要がなく優雅に歩く事が出来ます。

 肌の色のとっても白く美しい花嫁S様をますます美しく輝かせてくれた博多織ドレス生地・・・オリジナルの柄「清香さくら」がウェディングドレスのデザインととても良くマッチしてカメラマンや会場スタッフからも「素晴らしい!素敵!」と、言っていただけました。

 とにかく可憐なS様・・・。

ゆるやかなポンパドールスタイルのパフスリーブドレスが新鮮で素敵でした。

 S様らしい・・・S様だけのウェディングドレス!

 

 花婿様は うっとりと見つめるばかり・・・・。

 

 

 おめでとうございます!S様!末永い御幸せをお祈りしています!

 


二人の絆・・・家族の絆!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

ウェディングドレスのデザインをKazuhiroYamashitaが描く時に必ずテーマにするのが「絆」「縁」「結び」です。

博多織のドレス生地に初めて出会った時に「こんなに美しい日本の織物があるのなら・・・晴れ着!それも花嫁衣裳が一番!」と思い・・・また、「日本人は昔から 大切な物は大事に紐で結んで~その結び目にもいろいろな意味を持たせた・・・茶道のお手前や水引にも結びが重要な役割がある。」そんな事を日本の織物で作る晴れ着のコンセプトにしよう!と決めました。

 今までオーダーメイドでご注文いただいたウェディングドレスにはどれも何かの形でその「絆」「縁」「結び」がデザインに隠されています。

 

 

 先日、結婚式の後お仕事の関係で東北の被災地に行かれた新郎様・・・・「家族が本当に大切だと思いました」「家内に会いたい・・・と、思いました。」「家族がある事が幸せだと思いました。」

 

 そうしんみり話されるご主人を見つめる新妻の瞳にはうっすら涙が・・・そして信頼のまなざし。

 

 ああ・・・ご夫婦になられた!と、思った瞬間でした。