月別アーカイブ: 2010年12月

だんだんとなくなる生地の会社


こんにちは!

博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスGrace-lil   Sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

ここ数年・・・ヨーロッパの有名な生地の会社が減ってきています。 私の大好きで 尊敬してやまない生地のメーカー”ネフィーラ”も今年になって社名が突然変わり”アズーレ”に・・・・。

この仕事を始めたころには ネフィーラの新柄を見るたびに感動したものでした。それは素晴らしい配色で 一つ一つの色が本当に美しく生きていました。・・・・日本では発色できないヨーロッパの色で~どんな職人さんがこんな絵を描き織物にするのかしら?と、・・・・おのずとデザインや縫製も生地に負けられないと気合が入ります。頑張って創り続けてほしい!と思います。

 素晴らしい生地には力がある

 

 そう感じた最近の生地に 昔の丹後ちりめん がありました。

小さなおばあちゃまの長着だったので裄丈も短くて仕立て直しもちょっと無理・・・それで スーツにしました。

 ほんとに昔の着物だったの?と、言われました。

 着物のリメイクの域を超えてるわよ!と、喜んで頂きました。

 ちょっと場を踏めるドレスね!と、好評でした。

 

手前味噌で・・・立体裁断によるデザイン&パターン&縫製で創ったからよ!なんて事も申し上げたいのですが・・・・生地の威力だと思います。 丹後ちりめんって凄い!と、思います。

 現在、日本も同じ・・・丹後ちりめんも博多織と同様低迷気味のようです。

 

 今年もぼちぼちですが、博多織のドレス創りやり続ける事ができました。織元とも頑張りましょうね!と 昨日も話ました。

とにかく・・・続けます! 地元にある素晴らしい生地の灯を消す事はできません!なんとか伝統の灯をこの時代でも灯し続けたい・・・新しい形で・・・。

 

 産経IZA!ブログとの出会いは 本当に沢山の出会いを創ってくれました。

「ありがとうございました!そして~どうぞ来年も宜しくお願いいたします!」

 

 


ミュンヘンの馬車で・・・。美しさは世界でも・・!


 

こんにちは!

博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスGrace-lil   Sweet-lilyのムシムシみやびです!

美しい物は世界共通だと実感しました・・・。

ここでお願いして本当によかった~あの子は元気で幸せに暮らしています~あの子が、誰よりも美しく・・・本当に輝いていました。 あの子だけのドレス・ウェディングドレスでした。

思い残す事・・・こうすれば良かった事なんて一つもありません

花嫁を始めて見た新郎は 目を見開いたまま言葉も出ないほどでした~それからあの子の手をぎゅっとにぎると・・・もう離さないとばかりに握り緊めたんです・・・。

花婿のご両親もご親戚もご友人も・・素晴らしいドレスだと絶賛くださいました~日本でこんなドレスが創られるなんて驚いていらっしゃいました・・・海外でヨーロッパで もしかしたら最高に輝けるドレスかもしれません・・・頑張って下さい!心からそう思います。何度もお伝えしても足りないくらい・・・ありがとうございまいした!

 生地選びからデザイン・何回もの仮縫い・・・・どの時もご夫婦お二人一生懸命心をこめて・・・とても真摯に仕事をして下さって・・・毎回嬉しい気持ちで仮縫いが出来ました。あの子は幸せです。そして~ここにお願いしてほんとうによかった!

・・・・・・お母様からのお言葉です。まだまだ覚えきれないくらい沢山の嬉しいお言葉をいただきました。光栄です。

3ウェイのウェディングドレスは御式の後のダンスパーティーでも素晴らしかったそうです。

ワルツを踊るお二人は ホントにステキでした。(お写真で見る踊る花嫁のシルエットは”立体裁断”による縫製力!本当に美しいシルエット!

 

 嬉しいメッセージ&お写真で 幸せのお裾分けをいただいた日でした。