月別アーカイブ: 2008年3月

マリーアントワネット風博多織ウェディングドレス・・・人気です!


こんにちは!
博多織 オーダーウェディングドレス&カクテルドレスのムシムシみやびです!

先日から、産経新聞さんをかわきりに様々な地方紙で「博多織ドレス」を取り上げていただき・・・嬉しい限りです!・・・まだまだ認知度の低い「博多織ドレス」ですが、この新しい博多織のドレス生地の美しさ、20年近くドレスにかかわってきた私達の驚きと感動をなんとか世界中の方々に知っていただきたい!!ですが・・・九州の博多から、それもこんな小さな店からの発信なんて・・・おこがましいのかも・・・でも!気持ちは誰にも負けない思いです!・・・そんな、思いをブログに書き出して2年半・・・新聞に載せていただけるような日がこんなに早くやってくるなんて想像もしていませんでした。
 産経:イザ!に載せていただけたのもホントニラッキーでした!
 まだまだ拙い素人ブログですが・・・これからも日々頑張っていこうと思います。
 どうぞ、宜しくお願いいたします。

ところで・・・ここ何年か創り続けているウェディングドレスの中でロングランというか、評判のいいドレスが「マリーアントワネット風博多織ウェディングドレス」です!
 昨年、映画の「マリーアントワネット」が上映されたのもあるでしょうが・・・。でも、このラインは永遠の女性の憧れ「お姫様ライン」なのかもしれません。

この、ふんわり柔らかで、軽やかながらも重厚な雰囲気・・・。
歩く度にさわさわとシルクの(絹ずれ)の音がする・・・。
そして・・・なによりも上品で高貴!
これは・・・仮縫い中・・・。

このお嫁様・・・綺麗でしょ?・・・まさに「お姫様!」
先日、鹿児島の城山ホテルで披露宴をされました。 納品時にお写真を撮らせていただいたものです。
 初めてご来店いただいた時は、「ご紹介いただいたんですが、一度も見ずにお断りするのも・・・と、思い伺ったのですが・・・こんなに素敵なドレスが福岡で創れるなんて思いもしませんでした・・・。」と、大変驚かれていました。
納品時は本当に感動され「お願いして・・・よかったです!ありがとうございました!」と

お客様の小さい頃からの夢のウェディングドレスにぴったりだったと・・・。
「私の夢のウェディングドレス」ってあるんですよね!


博多織「黒田ゆり」で創ったコサージュ


こんにちは!
博多織 オーダー ウェディングドレス&カクテルドレス のムシムシみやびです。

 先日、22日に挙式の佳子さんのウェディングドレスを納品しました。
お客様にお会いして・・・お話して・・・その方にピッタリの色・柄・デザインを選び・・・何度かの仮縫いをしながらウェディングドレスが完成していく過程は、創る者の喜びもですが、お客様の幸せが深まっていくお姿を見ながら・・・そして日に日にお嫁様らしくなっていかれるお嬢様方をみていると・・・新しい人生へのスタートへの心構えというか、決意というか・・・結婚式そのものが新しい人生を作り上げていく第一歩なんだとつくづく思い知らされ・・・「人生ってなんて素晴らしいんだろう!」と、さまざまな事から感慨深く思わされます。
 仮縫いの時ウェディングドレスを着られた佳子さんを見つめられたお母さまの瞳はほんとに愛情に満ちていました。 
佳子さん幸せになってくださいね!そして、素晴らしい家庭を築いてくださいね!

 
 そして・・・今日は、次のお式の為の準備です。
生地の織りあがりの関係でちょっと遅れていた「由香里さん」のウェディングドレスがせまってます! 今日はなんとしてもコサージュ(ヘアー用)を創らなくては!
朝から気合が入って創作開始です・・・!!

ドレスの生地と合うシルクの生地を見つけ出し~花びらを切って~裏張り・・・。
「ゆり」がご希望なので・・・黄色のめしべを手作りします。
アイロン篭手で、形をつけて~ワイヤーをとりつけ・・・・。
今日一日でやっと、一輪完成です!(直径6.5~7くらいの小さなゆりです)
明日また頑張ります。
博多織の新柄「黒田ゆり」で創った「ゆり」のコサージュ・・・可愛いでしょ?
きっと、「由香里さん」の黒髪にお似合いです♪


100%日本製!日本の素材とデザイン・縫製は海外でも・・・・Good!


こんにちは!
博多織 オーダー ウェディングドレス&カクテルドレス のムシムシみやびです!

戦後の日本・・・日本にある本当にいい物がだんだん忘れ去られ、海外のブランドに心が奪われてしまっていたと思います。   事実私たちも、海外のいわいるブランドの生地を買い求め、パリやミラノ・ニューヨークのドレス生地に憧れて・追い求めていました。・・・・この、博多織のドレス生地や草木染の生地に出会うまで・・・。(でも、その年月があってこそ、この素晴らしさが判るんでしょうね!感謝です!!)
洋服を作るデザイナーとそのスタッフとして、生地の素材やテキスタイル(原画)まですべて係われる事が可能になるなんて・・・まさか!の世界・・・夢でした。
 いままでデザイナーの主人(KazuhiroYamashita)がデザインし、スタッフと共に仕上げたドレスはどれも忘れる事がないドレスばかり・・・。お客様のお顔とドレスがすべて私の頭の中に思い出と共にインプットされています。・ ・・(これは、私の特技!お客様のお顔とお名前・・・オーダーされたお洋服はほとんど覚えています!!)

 この、お二人は国際結婚をされたお客様・・・。
 ご主人様の母国と日本の2カ国で披露宴をされました。
 ご主人のお国でも、博多織のウェディングドレスは大好評!!
「なんて美しいお嫁様!なんて美しいドレスでしょう~!!」と賞賛の嵐だったとか・・・。
飛行機の機内持ち込みで運ばれた博多織のウェディングドレスは、ホテルのお部屋で一晩つるすだけで皺は伸びたそうです・・・♪
「 海外の方の方が、日本の文化や技術に感動されますね!ホントニ、博多織でウェディングドレスをオーダーメイドしてよかったです!」と、花嫁は・・・そして、花婿様は・・
彼女は本当に幸せな女性です!そして・・・美しい~♪
 そして・・「この織物は素晴らしい・・・ヨーロッパでもなかなかこんな織物はないです!」と、・・・・。

糸の染めも織りの柄(テキスタイル)もデザインも縫製も全てmade in Japan ・・・なかなかなもんですよ!ね!


「世界で一つしかないウェディングドレス・・・・が、あった!」


こんにちは!
博多織 オーダー ウェディングドレス & カクテルドレス のムシムシみやびです!

福岡は、ここ2~3日前から景色が黄ばんで見えるくらい物凄い黄砂でした。
街を走る車は、溝水をかぶったように汚れていたのですが、昨日降った雨のお陰で、今日の街はいつもの街・・・お店の前の銀杏並木もすっかり元の元気を取り戻した感です。
 そんな黄砂を洗い流してくれる恵みの雨の中を、はるばる東京から最後の仮縫いのために「光の画家のよっっちゃん」がお母様とお見えになりました。
 「よっちゃん」は、一年くらい前にブログをご覧になってメールをいただき、(その時はまだご結婚が決まられてなかったのですが)昨年12月にご結婚が決まると、とうとう福岡まで日帰りで御注文にお見えになった「女流画家」の素敵な女性です!
 「よっちゃん」の描かれる絵は「光・水」自然の美しさを表現する抽象画です。
  私たちの「光の織物=博多織ウェディングドレス」を「世界で一つしかない私にピッタリ似合う糸・織り・柄・色・デザイン・・・・の私だけのウェディングドレスはここしかない!」と、心底喜んで下さっています。今回、初めてお嬢様に同行してご来店いただいたお母さまも・・・。
博多織のドレスがこんなに素敵だなんて・・・探した甲斐があったわね~!」と、目をキラキラさせて喜んでいただきました。東京中のブライダルのレンタルショップをドレスを探してご一緒に歩かれたそうですが・・・「よっちゃんに、ぴったりのドレスはなかったわね~」と・・・。
 お母さまが結婚するときにお母さまに頂かれたパールのネックレス・・・。
 云十年たって、この日に孫の「よっちゃん」に手渡されました。
 なんと!そのパールの色がこのウェディングドレスの「ベビーシャンパン」とほんとにそっくり!よく似合う!・・・・今年93歳になられる御婆様・・・きっと!お喜びでしょうね!
 
今回、襟ぐりのドレープと裾などの細かいチェックでした。
来週には完成予定です。待っててくださいね!