カテゴリー別アーカイブ: カクテルドレス

グレースケリーのドレス~越路吹雪のオートクチュール


こんにちは!博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです。

 

オートクチュールhaute cotureは、パリのサンディカが認めたメゾンで作られる、高級仕立服で顧客の注文により、その方一人だけの為にデザインし縫製した(ほとんどが元々は手縫い)物。日本ではなかなか見る事のできない仕事です。うちのデザイナー(KazuhiroYamashita)は十九歳の頃から数年、あるメゾンのオートクチュールのアトリエで働きました。デザイナーや職人の仕事を目で見盗み覚える・・・それが、勉強だったそうです。当時有名だったオートクチュールを着て歌うシャンソン歌手の越路吹雪さんは、アトリエに越路さん用のトルソー(木型)があったそうです。刺繍・ビーズ刺繍・レース・・・素材も職人が手仕事で頑張った時代~「仕事はきつく大変だったけれど、完成したドレスは息を呑むほど美しく芸術的だった・・・そんな仕事を目の前で見る事が出来た僕は本当に幸せだった。」と、彼は言います。そんな素晴らしいアトリエでの最後の仕事は越路吹雪さんの白いステージ衣装だったそう~偶然にも、そのステージを見る事が出来た私・・・越路吹雪さんの「愛の賛歌」の歌声と独特な素晴らしい衣装と個性的なメイクや髪型は今でも目に焼きついています。

 最近オーダーいただいたお客様がお持ちになった写真

結婚式のグレース・ケリー

素敵なレース・・・そして素敵なデザイン!

高貴なグレース・ケリーにピッタリなデザインは当にオートクチュール。

レースを探すのも至難の業でしたが~このピッタリ感を出す型だし(パターン・仮縫い)が大変でした。

・・・2回目の仮縫いをさせていただいている時に~

「わ~こういうのを、オートクチュールっていうんですね!素晴らしいわ!」と、お客様に言っていただいて単純に喜ぶ私でしたが、デザイナー(kazuhiroYamashita)は、「オートクチュールと言っていただくまでには~どうでしょうかね~頑張りますね!」

 

後から・・・「本当のオートクチュールを見てきたから・・・簡単には、オートクチュールと言えないね

「仕事が続けられるかぎりは~オートクチュールを目指そうね!」と、、、。

 

どんどん減ってきている~日本の縫製力

どんどん減ってきている~いい物作り

昨日の安部総理発信のFBで、大田区の工場の物作り支援が書かれていました。

さてさて・・・・繊維に・・・繊維の末端に日の目が当たるのはいつになるのか?~それまで、頑張らなきゃね!(^^)

 


ローズレッド&白無垢


こんにちは!博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです。

今日のディスプレイ・・・白無垢のお姫様スタイル(^^)の博多織ウェディングドレス&ローズピンクのレースのドレス。

さっき、ディスプレイし終わった時~ウィンドウの前を歩いていた小さな女の子が「ちれ~い!!ね~ママ!ちれ~い!!」と、大きい声で言ってくれました~。・・・と、すれ違った、たぶん福岡ドームに向かっていたカップルが「ほんと~!!」・・・!!

反対側から歩いてこられた熟年マダムが・・・ニコッ(^^)

 

雪がやんで、街を歩く人達が少し「ホッ」とした雰囲気。まだ、春は遠そうだけど少し寒波が去りました。


銀色の博多織ドレスでソプラノリサイタル・・・桃子先生!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです

 

銀色に染められた糸と白い糸で織ってもらった博多織のドレス生地・・・その同じ職人さんに染めてもらったシルクシフォンで創ったオーバードレス。合わないはずが無い組み合わせ!

しっとりとした日本の歌を歌われるとお聞きしてデザイナーKazuhiroYamshitaがデザインしたドレスです。

ハイウェストの切り替えとバイアス生地との組み合わせでエレガントなラインが出来上がりました。

ドレスを着られた桃子先生が試着室から出てこられた瞬間・・・燐とした美しさに鳥肌が立ちました。

「大人の女性の美しさ!」本当に美しい!

調度来店されていた別のお客様も「なんて綺麗なんでしょうね!調度いい時間に来させてもらって~よかった!素敵ですよ!!」と、大絶賛。(後日も、そのお客様は別のお客様に「先日ですね・・・本当に素敵だったですよ~!!」と、何度もおっしゃてました。)

 

今週末福岡市の「あいれふホール」であるソプラノリスト藤田桃子先生のコンサートは

 

 藤田桃子ソプラノリサイタル

        ピアノ・・・呉 恵珠

 日時 3月17日(土曜日)  開場16:30 開演17:00~

 場所 あいれふホール  福岡市中央区舞鶴2-5-1  

                                                         tel(092)751-2827 

    第一部 日本の歌・・・「花」にちなんで 他

    第二部 イタリアの歌曲とアリア

            オンブラマイフ

            私を泣かせてください

            プッチーニのヒロインたち他

 

 

 


燐と大人のドレスです!


博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスgracelil   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

喜寿のお祝いパーティーのドレスです。

沢山の方々がお祝いに見えた素敵なパーティーでした。

主賓は古希!燐と古希!~素敵な古希!

真っ赤な博多織カクテルドレスはお客様にも会場のスタッフにも大好評でした。もちろん オーダーいただいた御本人にもそしてご家族にも・・・(^。^)

「母にぴったりのドレスを創っていただいて~こんなに母が綺麗で・・・ありがとうございます。

嬉しいお言葉です。

御揃いでパーティーバック&ヘッドドレスも創りました。

これも世界に一つ!オリジナル!

奇をてらわず燐とシンプルで品が良く!

全ての方から喜ばれた博多織カクテル・・・本物の大人のドレスです。

 

日本の博多の絹織物・・・博多織&日本の絹のオーガンジー(ストール)   色をぴったり合わせました。   

 


式服の柄・・・・蔓りんどう


こんにちは!

博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスGrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

梅雨明けの待ち遠しい毎日です。

こんなに長い梅雨は 珍しい・・・南畑ダムというめったに満水にならない事で有名な背振のダムも今満水だそうです・・・あれだけ降ったんですものね~凄い!雨でした・・・。

 

半年がかりで創っていた式服の柄・・・「蔓(つる)リンドウ」

花言葉が、「慈愛」です。 山の中に分け入ると 大きな木に巻きついている蔓(つる)植物です。大きな木を守っているような蔓、よく見ると細かな葉脈が綺麗で、赤い実をつけるんです。

式服にはぴったりな柄!と、思い込んで(?)テキスタイル画を描きました。

 出来上がってみると・・・なかなか素敵!

 女性らしいシルエットになります。

 

アンサンブルの式服は お客様にも好評です。

今~男性用の式服も考案中です。

 

Japanブランドが終わって一年・・・。

Japanブランドの時の盛り上がりも虚しく この不景気もあって~

博多織りのドレスを続けるメーカーやアトリエも減ってきました。

頑固なアトリエは・・・・うちだけ?今年で19年目です。

 このままじゃあやめられない! しつこいんだよね~(-。-)

 日本人の物づくりを続けなきゃ!

 

今日もボヤキながらも「頑張りまっしょ!」です。

それにしても・・・・梅雨明けて~!!

 

 


日本の絹織物の力


こんにちは!

博多織りオーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスGrace-lily   sweet-lilyのムシムシみやびです!

 

梅雨入りしたのに いいお天気続きの今日この頃です。

朝 お店に向かう小道の両側には 様々な紫陽花・・・今年は それぞれのお宅で植えられている いろいろな紫陽花の花の形・色・大きさに 「紫陽花って面白い」と、思うようになりました。

紫陽花は、本当に個性的な花ですね・・・育てられる環境(土・水・日当たり)で生まれてきた形も色も変わったりと、不思議です。

銀杏木が一番人間に近い植物だと聞いたことがありますが、紫陽花もなかなかなもんだと思います。

 

雨が振ったりや風が吹いたりで、お客様の少ない日中は絵を描きます。  テキスタイル画です。

先日 海外からのお客様が見えて、テキスタイル画と試し織りをお見せしたら~「日本の織物は素晴らしい!」と絶賛してくださいました。そして~「あなたが描いたの?」「素晴らしい!」と・・・。

ドレス生地はヨーロッパが本場ですから、本場の方から「素敵だ!」と、目を丸くして言っていただけると なんだか恥ずかしいような気分になりました。

 今、大人のカクテルドレスの柄を描いています。

 柄を描いて織りをお願いして完成まで 2ヶ月はかかります。

 初夏には出来上がるでしょう。

 


福岡からの発信! アジアの美しいドレス!


こんにちは!

博多織 オーダーメイドウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスのムシムシみやびです!

 

昨年から福岡商工会議所・RKB等で大々的に始まった「福岡アジアコレクション」ですが、あいにくの雨にもかかわらず7000人のお客様に恵まれて無事終了しました。

私は他のイベントがあり見に行けなかったのですが、行ったスタッフの話から~「マリエちゃん!凄かった~さすがでしたよ!」との事・・・・IKKOとマリエちゃん・スザンヌ・蝦ちゃん・もえちゃん・・・モデルさんが凄く頑張ってくれたようです。

 今回のように全国ネットで売れているモデルさんが出るショーは地方の福岡では本当に少ないので、お客様も目の前で見れる売れっ子モデルさんに感動されたようです。福岡商工会議所も福岡県も「アジアに向けてのファッションの発信」に力を入れて下さっているようで~今回のプロジェクトが初めの一歩になって福岡のファションが有名になってくれれば・・・と、思います。

 

ところで~先日うちのアトリエで・・・「これこそ!アジアのモダンなドレス!」  が、完成しました。

黒い赤の帯の中の青は献上柄です。

真っ白の可憐なウェディングドレスと対照的なモダンなカクテルドレス~きっと会場で映える事でしょう。

 この色の組み合わせ・・・オリエンタルチックでありながらとってもモダンだと思います。 アジアの色!

 今回の福岡アジアコレクションは~カジュアル主体でしたが、いつか・・・「アジアのモダンなドレスを福岡 博多から発信!」と・・言われたいものです。

 

 

 


 大人の綺麗な服 「HAKATA MODERN]


こんにちは!

博多織オーダーウェディングドレス&ゲスト・カクテルドレス Grace-lilyのムシムシみやびです!

 

「HAKATA MODERN」博多モダンの発信と銘打って発表した

新しい博多織りのドレス生地・・・博多タフタはほんとに綺麗な織物です・・・・何度も何度も織元に足を運び・・・糸の拠り・縦糸横糸の打ち込みの数・しなり感や落ち感・色・・・・私達の知っている知識や感覚を全て取り入れ~最高の晴れ着に出来る軽くしなやかで発色の良い最高級のタフタを作り上げたつもりです。

 その博多タフタを使ったカクテルドレスやフォーマルスーツは晴れの舞台で大人の女性が輝くデザインに・・・・。

 このドレスは~とても好評だったドレスです。

 モデルは私の友人でありメイクアップアーティストのY様。

黒糸を縦糸にした赤のドレスはバラ唐草の織り柄がある玉虫です。

大人の女性だからこそ綺麗に着こなせる・・・腕が気になる方には~素敵な織り柄無しのジャケットを作りました。

30才代までは、いろいろあるカクテルドレスも40代を過ぎると探してもなかなか無いドレス・・・ですが、実は一番カクテルドレスが似合う年代が40代からなんです。

海外に行くと 日本の女性は着物以外は貧相に見られがちです。でも~こんな素敵な美しい生地のドレスを持っていたら・・・きっとどんな場所でも輝けるはず!

 たまに~「ベトナムやタイでオーダーしたわ!」っとおっしゃる方がおられますが~暖かい国のシルクと日本やイタリアのシルクは違います!これは~湿度の関係や水質による発色もあります。 

 日本のシルク・絹 「日本の素材力」は凄いんです!

 上等の物が似合う 大人の女性に着て欲しい!そんな絹です。

無地の博多タフタも素敵です!

大人のパーティーにぜひ!博多タフタのドレスを!

(黒は・・・草木染の博多ローランです)

 

 


大人のゲストドレス


こんにちは!

博多織りオーダーウェディングドレス&カクテル・ゲストドレスのムシムシみやびです!

 

クリスマス・・・日本人はクリスチャンではなくてもクリスマスが大好きですよね・・・博多の街もクリスマスのイルミネーションで、あちこち綺麗にお色直ししています。

内のお店の玄関ドアの両脇の植栽に先週からダイオードのブルー(省エネタイプ)のイルミネーションをつけました。ショーウィンドウのウェディングドレスにブルーの光が映って綺麗です♪

これは、パリのデパート”ラファエット”の天井・・・・凄い美しさでした・・・・。気品があって、豪華で・・・感動でした!

ゴールドの美しさは神様に祝福されているように自然と感じる力?作用?があるのでしょうか??このデパートはきっと一年中クリスマスなんだ!と・・・思ったりしました。

今・・・内のお店でディスプレイしている自慢のカクテル・ゲストドレスです。

 

とにかく・・・(手前味噌ながら)美しい!

触ってみて・・・また!これが軽くしなやか!

こういった感じの博多織りのドレス生地を今、織元と開発中です!・・・(まだ詳細は、2月までは秘密です)

新生博多織り!です!

 

ちなみに・・・テキスタイル画たくさん描かせていただきました!(幸せ!)

全部ストーリ-のある幸せな柄です(^-^)


博多織りゲストドレス・・・素敵な大人のフォーマル!


 

こんにちは!

博多織りオーダーウェディングドレス&ゲストドレス grace-lilyのムシムシみやびです!

 

久しぶりのブログです!

10月にパリであるファッションショーに「博多織りドレス」を出展する事もあり・・。

とにかくバタバタです。

パリ・・・ホテルムーリスでのショーは10月22日に決定し、うちのアトリエからは

Japanブランドやサンケイ新聞でとりあげていただいた新しい博多織りのドレス生地「黒田ゆり」と博多織りの薄い生地「ローラン」で豪華なウェディングドレスを製作し出展予定です。(この作品については・・・また・・)

 

そんな中・・・新しい柄・生地の豪華なゲストドレスが完成しました!

正倉院柄をアレンジし、色も糸からこだわり選び、織りの風合いも新しくなりました・・・。

硬そうに見えますが・・・それはそれは軽くしなやか!着ていても少しも肩がこらない・・・ですが、とっても気品があり豪華です!

 

今日も、通りすがりの外国の方がふらっと入って来られてジーッと見ていかれました。・・・・外国(ヨーロッパ系)の方から見られても「美しい!」と、思われたようで、うなずきながら・・・「ビューリフォー」と・・・。

 もちろん、博多のマダムにも好評です!

新しい大人のフォーマル!着物に変わるフォーマルね!」と・・・・。

「こんな九州博多の小さな店じゃもったいない!もっと!もっと!世界の方に見ていただきたい!」   

 

大きな声で「ここに 素敵な大人のドレスがありますよ~!!」